3歳までが重要!乳歯をむし歯から守るために

乳歯を守るためには予防が大切です

生後6カ月程度で生えてくる乳歯。母乳を離れ、これからいろんな食べ物を体内に取り込むために急速に生えてきます。そして乳歯の下では、その後一生使われることになる丈夫な大人の歯(永久歯)が、数年後に出るための準備をじっくり進めているのです。乳歯は、歯の表面のエナメル質、内側の象牙質とも永久歯の半分程度の厚みしかありません。再石灰化の力も、まだ十分ではありません。乳歯がむし歯になりやすいのはこのためです。

一方で、お子さんは自分で上手に歯みがきができないばかりか、親御さんが歯みがきを手伝おうとしても、抵抗してしまうために十分みがききることができない場合もあります。すると、むし歯へのリスクはさらに高まります。

むし歯にならなくても、歯医者で定期的にお子さんの歯を検診することをおすすめします。親御さんがケアしきれない部分を診てもらい、お子さんのむし歯を予防しましょう。
» 歯医者でお子さんのお口をチェック!

各年代別にみたむし歯予防のポイント

お子さんの歯のケアは、実は妊娠している時期からはじまっています。そして、小学校低学年を過ぎるぐらいまで、親御さんの仕上げみがきなどのサポートが必要になります。それぞれの時期に、どのようなむし歯予防のポイントをまとめました。

妊娠期

胎児の歯は妊娠のごく初期(7週目ぐらい)にできはじめます。妊娠期に十分な栄養を摂ることは、赤ちゃんの歯の土台作りにとって重要なことなのです。

また、お母さんの歯のケアもおろそかにはできません。つわりなどの影響で歯みがきが十分にできなかったりするなど、妊婦のむし歯、歯周病へのリスクは高いのです。妊婦の歯周病は、早産や低体重児出産につながる大変危険な病気です。出産後、お母さんから赤ちゃんへむし歯菌をうつさないためにも、安定期に歯医者を訪れることをおすすめします。
乳児期

生後、まだ歯が生えていない時期はガーゼなどでお口の中を拭いてあげましょう。6カ月ぐらいで乳歯が生えてきたら歯みがきをはじめます。親御さん自身も子どもの仕上げみがきを習慣づけなければなりません。その際、お子さんにも歯ブラシを持たせてみましょう。歯みがき習慣が楽しく身につけば、後々の歯の健康につながります。

この時期は授乳しながら眠ってしまうことがよくありますが、母乳がお口の中に残っていると、むし歯菌の繁殖につながります。授乳した後はできればお口のケアをしてあげましょう。
幼児期

もっともむし歯になりやすいこの時期。とくに3歳までが重要です。保健所で1歳半検診と3歳児検診がありますので積極的に活用し、噛み合わせや生えそろい具合を診てもらいましょう。

自分で歯みがきをしたがるようになるお子さんもいますが、仕上げみがきは必ずしてください。言葉が理解できるようになってきたら、徐々に歯みがきの大切さを教えてあげてください。

この時期ぐらいから歯医者で検診を受けることをおすすめします。むし歯の早期発見にもつながりますし、正しい歯みがきの仕方などについてアドバイスも受けることができます。
学童期

乳歯から永久歯に生えかわる時期にあたります。6歳ぐらいには「第一大臼歯(6歳臼歯)」という奥歯が生えてきます。深い溝を持つという特徴から、たいへんむし歯になりやすい歯です。また、生えかわりの時期は、どうしても歯並びが悪くなり、歯ブラシが届きにくい部分のむし歯リスクが高まります。低学年ぐらいまでは引き続き仕上げみがきをしてください。

6歳臼歯の溝をふさぐために、シーラントという予防措置があります。また定期的にフッ素塗布をすることもむし歯予防に効果があります。積極的に歯医者をご活用ください。

守谷市の歯医者「守谷ふれあい歯科」は、保育所での歯科検診も行っています。そのため、子どもとのふれあいの中で歯を診ることにはとても慣れています。お子さんがリラックスして診察を受けやすい雰囲気づくりにも気を配っていますので、安心してご来院ください。

「食育」は歯の健康にとって重要

心身の健全な発達はすべて、私たちが体内に取り込むもの、つまり食事からはじまります。子ども自身が「食」に対して関心や知識を深め、食べ物を選ぶ力をつけることを通して、健全な食生活と健康の確保、食文化の継承などができるようにすることが「食育」です。

「食」に対する意識が低いと、どうなるでしょうか? むし歯、歯周病、偏食、肥満、痩せすぎ、糖尿病などの生活習慣病。これらはみな不適切な食習慣と深い関係を持ちます。食習慣は子どものころから身につくものなので、大人になってから継続的に改めていくのは難しいものです。将来、生活習慣病などにならないためにも、「食育」によって子どものうちから正しい食の知識と食習慣を身につけましょう。

食育は家庭からはじめましょう

「食育」は、学校まかせにせず家庭でも行うことが大切。歯の健康のためにも必要です。まずは家庭での食生活を見直すことからはじめましょう。

  • だらだら食べはしない。規則正しく時間を決めて食事やおやつをとりましょう。
  • 切干大根やゴボウなどの根菜や玄米など、よく噛む必要のあるものも食べましょう。
  • 砂糖が入っていないキシリトール系のものや、ノンシュガーのおやつを選びましょう。
  • 炭水化物は摂りすぎないようにしましょう。
  • コーラなどの炭酸飲料、グレープフルーツなど酸性の飲食物は、摂りすぎると歯が溶ける原因になります。注意しましょう。
  • 食事をしたら歯みがきを習慣づけましょう。
よく噛むことがもたらすメリット

よく噛むことがもたらすメリット

よく噛むことは顎の発達を促します。子ども時代に顎が正常に成長すると、歯が健全に生えそろうことにもつながります。それは、心身全体によい影響を及ぼすことになるのです。小さいころからよく噛む習慣を身につけましょう。

口腔内へのメリット
  • 歯並び、噛み合わせが良くなる
  • だ液の分泌を促し、むし歯予防につながる
頭部へのメリット
  • 脳を刺激し集中力、記憶力が向上する
  • 顔の筋肉をよく使うため表情が豊かになる
  • 発音がよくなる
  • 顎の痛みや顎関節症に悩まされない
その他全身へのメリット
  • 満腹中枢を刺激し、過食、肥満防止となる
  • 消化を助け、消化器官への負担を減らす
  • ページの先頭へ戻る