歯を残すために!大人の虫歯予防意識が子どもの歯を守る ~予防歯科~

変わってきた歯医者の役割~定期検診に行きましょう~

「子どもの頃、歯医者に行くのがとても嫌だった」という話はよく耳にします。むし歯になって、ただでさえ痛い思いをしているところに、注射をされてしまったり、歯を削られてしまったり……。そんな恐ろしい体験として記憶している方も多いかもしれません。

大人になって、むし歯治療に行く頻度が減っても、いざ歯医者に通うことになると、「こわい記憶」がよみがえってきたりします。しかし、現在の歯医者は、子どもの頃とは雰囲気も治療法も変わっていて、そんなに抵抗感なく足を踏み入れることができるようになっているのではないでしょうか?

今、歯医者は、雰囲気や治療法が変わっただけでなく、その役割までも変わりつつあります。「むし歯を治療する場所」から「むし歯を予防する場所」へ。本当に「こわい」のは、歯医者ではなくて、むし歯や歯周病といった病気や症状そのものなのです。以前よりも抵抗なく足を運べる「歯医者」を積極的に利用して、むし歯や歯周病を予防する、というように頭を切り替えてみませんか?

歯医者で定期検診をするメリット

失うと二度と戻らない歯。失ってはじめて歯の重要性を知ったのでは遅いのです。歯は心身の健康を保つ「食事」のために必要なものであるだけでなく、歯がないと発音にも影響し、会話も困難になります。そのほかにも歯が原因で起きる全身疾患もあり、快適な生活を送るうえでの基礎ともいうべきものが歯の健康なのです。

歯の健康を維持するのは、日頃からの歯のお手入れ。ご自宅や仕事場で、毎食後に歯みがきをする方も増えています。しかし、自分でできるケアには限界もあります。専門家である歯医者を定期的に訪れることは、むし歯予防の大事な習慣です。むし歯予防を怠ったとき、最終的に失うものは大きいのです。積極的に歯医者で定期検診を受けてみてください。

定期検診がもたらすもの
  • むし歯、歯周病を早期に発見できる、あるいは、未然に防げる
  • むし歯治療にかかる費用、時間と比較すると、予防にかかる経済的、時間的負担は軽い
  • 自分では手入れが行き届かない箇所もきれいにしてもらえる など

上記のほか、大人がむし歯予防に積極的になることで、子どもに対してその効用を実体験として教えることができます。子どもが自分の歯の健康に注意を向けるきっかけになるかもしれません。大人の歯の予防意識が子どもの歯を守ることにつながるのです。

当院の予防歯科メニュー

守谷市の歯医者「守谷ふれあい歯科」には、次のような予防歯科メニューがございます。健康を維持するために、まずは定期検診から受診してみませんか?

定期検診

予防のプロである歯科衛生士が、お口の中をすみずみまでチェックします。わずかな兆候も見逃しません。

プラークの染め出し
プラークの染め出し 普段の歯みがきのクセや、みがき残しができやすい箇所を、専用のプラーク(歯垢)染め出し液を使って確認します。その後の予防計画に役立てます。
カリエスリスク診断
むし歯にかかる危険度(カリエスリスク)には個人差があります。リスクを判定することで、一人ひとりに適したむし歯の対策を立てていきます。
だ液検査
だ液を調べることで、お口のリスク(むし歯や歯周病のなりやすさ)を判定することができます。
ブラッシング指導
ブラッシング指導 患者さん一人ひとりのお口の状態に合わせて、歯ブラシの選び方から適切な歯みがき方法まで細かく指導します。
フッ素塗布
フッ素塗布 歯質を強化するフッ素を歯に塗布し、むし歯に強い歯にします。フッ素には再石灰化を促すはたらきもあるため、ごく初期のむし歯なら治癒が期待できます。
PMTC
PMTC 専用機器を用いた歯のクリーニングです。普段のセルフケアでみがききれない歯と歯の間、歯と歯茎の溝などに溜まった汚れを徹底的に除去します。
シーラント
シーラント 奥歯にある深い溝は食べカスが入りやすくむし歯のリスクが高い箇所です。シーラントは、その部分を歯科用のプラスチックでふさぐ処置です。
クイックジェット

クイックジェット

炭酸水素ナトリウム(重そう)パウダー、またはグリシン(アミノ酸)を入れ、水と空気を使い勢いよく歯に吹きつけ着色をとばす歯面清掃器です。

即効性が高く、たばこ、コーヒーなどの着色、歯の黄ばみなどがとれます。さらに、歯垢やバイオフィルム(菌膜)もしっかり除去するので、むし歯予防、歯周病予防にもなります。

炭酸水素ナトリウムパウダーは塩分を含んでいます。腎不全、高血圧、塩分の摂取を制限されている疾患の方は、塩分を含まないタイプがありますのでご相談ください。知覚過敏の方は、場合により刺激を感じることがあります。

噛み合わせチェック
噛み合わせチェック 噛み合わせが悪いと、むし歯や歯周病を招きやすく、全身のバランスを崩すことにもつながります。当院は「噛み合わせ」を重視しています。身体のトラブルを未然に防ぐため、ぜひともご利用ください。
生活習慣の指導
生活習慣の指導 食生活や歯みがきのタイミングなどの生活習慣は、お口の中の環境に大きく影響し、むし歯や歯周病の発症にも関わります。患者さんの生活習慣をお伺いし、必要があれば適切なアドバイスを行います。

当院の「予防中心コース」

当院では、お口の健康を守るための予防専用のコースを設けています。

第1日目:初診検査

(1)問診・カウンセリング
治療に対するご希望をうかがい、当院の治療システムについての説明をさせていただきます。

(2)口腔内写真撮影
虫歯や歯肉の状態を調べるために、口腔内の写真を撮影します。

(3)レントゲン検査
小さい写真10枚、もしくは大きい写真を1枚撮影します。歯・顎の骨の状態がより詳しくわかります。

(4)歯周病検査
歯と歯ぐきの隙間の歯周ポケットの深さと炎症の度合いを調べます。

(5)応急処置(必要な場合)
緊急性のある箇所や痛みがある箇所の応急処置を行います。

第2日目:セカンド検査

(1) 前回の検査の説明
前回ご来院いただいた際の検査結果について詳しくご説明します。

(2)唾液検査
虫歯のなり易さを判断するために、唾液検査をおすすめします。検査結果をもとに、より効果的な虫歯の予防法を提案させていただきます。唾液検査では、虫歯菌の量・唾液の酸を中和する能力・唾液量・虫歯の原因がわかります。(保険適用外 1回3,150円)

(3)ブラッシング指導
虫歯と歯周病の予防には、患者様自身によるブラッシングが重要です。患者様のお口の状態に合わせたブラッシング方法を丁寧に指導いたします。

第3日目:初期治療(お口の状態によって回数がかわります)

ここまでの検査結果をもとに、お口の中の環境を整えていく治療を行います。

(1) 唾液検査結果の説明
虫歯の病因や、患者様の虫歯のなりやすさを説明させていただきます。虫歯の原因が分かれば、よりよい予防方法をご提案できます。

(2)スケーリング・ルートプレーニング
歯の表面についた歯垢・歯石を超音波の器械にて取り除く「スケーリング」と、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットについてしまった歯石を除去する「ルートプレーニング」を行います。

(3)PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥースクリーニング)
歯ブラシが届かない所・歯と歯の隙間・金属と歯の境目・詰め物の境目などはケアが難しいため、歯科医院にて特殊な器械を使って除去します。

第4日目以降:初期治療終了後

(1) 再検査
歯周病検査:歯ぐきの状態を調べて前の状態との比較をします。治りが悪い部分は再度治療が必要な場合があります。

(2)再検査終了後
治療計画をたて、虫歯の治療を開始します。歯ぐきがひきしまった状態と口腔内の菌が少なくなった状態で治療することで、詰め物・ブリッジ・被せ物・入れ歯などがよりよい状態で入ります。

(3)メンテナンス
メンテナンスの時期は、患者様一人ひとりの状態に合わせて1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月にわけています。1~4ヶ月後の仮予約を取っていただき、その予約の1週間前に当院から電話をさせていただきます。この時点で、予約に変更がないかを確認させていただきます。

  • ページの先頭へ戻る