お子さんが歯医者嫌いにならないために

「歯医者はこわいところ」とならないように

「子どもにとって、歯医者はこわいところ」……子ども時代に歯医者嫌いだった親御さんなら、ご自身の体験を思い出して、そう思っているかもしれません。ですが、子どもが駄々をこねないようにと黙って突然歯医者に連れていったり、「痛くないよ」などと安易に言ったりするのは、かえってよくありません。子どもは「だまされた」気分になり、歯医者を嫌うようになってしまいます。

歯医者さんに行くことになったら、正直に歯医者に行くことと目的を説明して、子どもに心の準備をさせること。これが、歯医者に対する抵抗感をなくすことにつながるのです。むし歯には歯医者の治療が必要なこと、お家では治すことができないこと、むし歯を放っておくともっとひどいことになることを丁寧に、わかりやすく説明してあげてください。

歯医者さんへの苦手意識をなくすために

はじめて通院する当日は、子どもが気分良く歯医者に向かうことができるような時間帯を選ぶことも大切です。いつもお昼寝している時間や、お腹がすいている時間は避けましょう。また、子どもがこわがっても治療を先延ばしにしてはいけません。優しい言葉をかけながらも、きっぱりと、連れていくときには連れていくことが大切です。

「こわい」のは歯医者ではなく、むし歯。子どもを歯医者嫌いにさせないためには、常日頃から歯医者がこわいところだ、というようなマイナスのイメージを持たせないように、子どもの扱いに慣れている歯医者を選んであげてください。

守谷市の歯医者「守谷ふれあい歯科」では、お子さんがリラックスして診察できるよう、雰囲気作りから気を遣っています。「歯医者さんで診てもらう」という一言が、脅し文句ではなく、楽しい誘いの言葉になるよう、当院もご協力させていただきます。

歯医者さんで親御さんにお願いしたいこと

親御さんもリラックスしてください

歯医者に着いたら、まず、親御さんがリラックスしてお待ちください。親御さんの緊張感は、お子さんに伝わるからです。そして、ここでも「痛くないから」とか「すぐ終わるから」などという言葉は避けてください。そうでなかったときに子どもの歯医者に対するイメージが悪くなってしまうからです。

治療中は歯医者に任せてください

診療台に座って治療がはじまると、大泣きしたり暴れたりするお子さんがどうしてもいます。子どもに慣れた歯医者なら上手に治療に導きますから、親御さんは可哀そうだと思っても、歯医者に任せて途中で連れ帰るようなことはなさらないでください。「泣けばやめてもらえる」ということを覚えると、その後治療するのが大変になります。

よく褒めてあげてください

治療が終わりましたら、我慢して治療を受けたお子さんをたくさん褒めてあげてください。頑張ったお子さんの気持ちに共感して、「すごいね!」「えらかったね!」「強かったね!」など、と声をかけてください。「痛くなかった?」は逆効果です。痛かったことを思い出して、泣いてしまうお子さんもいます。

治療後、お家でしてほしいこと

家族で褒めてあげてください

頑張って治療を受けたお子さんにさらに自信をつけさせてあげましょう。お家に帰ったら、家族みんなで大いに褒めてあげましょう。「おじいちゃん、おばあちゃんにも電話で教えてあげよう!」などと言って、本人から報告させるのもいいかもしれません。

叱らないでください

その日にうまく治療ができなかったとしても、決して叱らないでください。歯医者の雰囲気になれていないだけかもしれません。家で歯医者さんごっこをしてみるのもいいかもしれません。「膝の上にゴロンしてみよう!」「アーンとお口をあけてみよう!」と誘ってみてください。そして、できたらよく褒める。親御さんにも粘り強さが求められます。だんだんと治療を上手に受けられるようにしていくことが大切です。

次回の準備をさせてください

たいていの歯科治療は、一度だけでは終わりません。次回に向けて心の準備をさせましょう。次回の予約日がわかるように、カレンダーに楽しいシールを貼るのもひとつの方法です。

生活習慣の改善をしてください

お子さんのむし歯は結局のところ、歯みがきの不足や食事・おやつの栄養バランスの乱れといった生活習慣が原因です。同じことを繰り返さないために、親御さんがそれらに気をつけていかねばならないのです。当院からもアドバイスをしますので、お気軽にご相談ください。

  • ページの先頭へ戻る